書籍TOP

書籍一覧


  • HOME
  • 書籍
  • 2018
  • 朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す

書籍

朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す

朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す

櫻井よしこ 花田紀凱 著

定価 本体880円+税
判型 新書版
ページ数 276P
ISBN 978-4-8191-1333-5

以下のオンラインサイトから購入いただけます。

発売日→2018年3月8日


報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝
朝日新聞は民主主義の敵だ!

朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言

◎朝日を謝罪に追い込んだ門田隆将氏
◎「報道しない自由」を行使された加戸守行氏
◎朝日から申入書が飛んだ足立康史氏
◎「朝日の天敵」と呼ばれた堤堯氏

なぜ同じ過ちを繰り返すのか。
国難に朝日は危険だ!
かの新聞の病をつまびらかにする。

言論テレビのキャスター櫻井よしこ氏と花田紀凱氏のタッグ第3弾。
シリーズ累計15万部突破!

主な内容

  • 櫻井よしこ 韓国メディアと朝日新聞は兄弟のようだ――はじめに
  • 第1章 言論機関、朝日新聞の自殺 櫻井よしこ×門田隆将×林いづみ×花田紀凱
  • 第2章 印象操作を〝自白〟した朝日の訴状 櫻井よしこ×門田隆将×林いづみ×花田紀凱
  • 第3章 「報道しない自由」を行使されて 加戸守行×櫻井よしこ
  • 第4章 朝日とNHKは泥舟と共に沈むのか 加戸守行×櫻井よしこ
  • 第5章 軍靴の足音は朝日から 門田隆将×櫻井よしこ
  • 第6章 民主主義のために「朝日、死ね」 足立康史×花田紀凱
  • 第7章 マスコミの大合唱は疑え 堤堯×花田紀凱
  • あとがき 花田紀凱