書籍TOP

書籍一覧


  • HOME
  • 書籍
  • 2016
  • 自衛隊幻想 拉致問題から考える安全保障と憲法改正

書籍

自衛隊幻想 拉致問題から考える安全保障と憲法改正

自衛隊幻想
拉致問題から考える安全保障と憲法改正

荒木和博・荒谷卓・伊藤祐靖・予備役ブルーリボンの会 著

定価 本体1200円+税
判型 四六版並製
ページ数 224p
ISBN 978-4-8191-1292-5

以下のオンラインサイトから購入いただけます。

発売日→2016年10月7日


ゴマカシはすでに決壊中

内容

北朝鮮の核・ミサイル、尖閣・・・待ったなしの日本の安全保障。
日本はなぜこのような状況に陥っているのか?
この国に足りないものが、拉致問題から見えてくる!

-------------------------------
おかざりか実力組織か?
「死んでこい」に理由がない?
グレーゾーンは現場にない?
朝鮮半島有事に働けるか?
防衛白書が北を喜ばせている?
-------------------------------
陸海の特殊部隊創設者をはじめ、自衛隊OBらが日本のリアリティの欠如を指摘。
【改憲に緊急提言! 】
現行憲法でできること、憲法改正でできること
二つの朝鮮半島有事・拉致被害者救出シミュレーションを収録

日本は「安全」ではない!

●目次

  • 第一章 おかざりになった自衛隊
  • 第二章 「死んでこい」に理由がない
  • 第三章 自衛隊は朝鮮半島有事に働けるか
  • 第四章 自衛隊による拉致被害者救出シミュレーション
  • 第五章 他国は自国民を救出している
  • 第六章 北朝鮮を喜ばせている「防衛白書」
  • 第七章 自衛隊は「戦争」を知らない
  • 第八章 憲法改正と自衛隊