書籍TOP

書籍一覧


  • HOME
  • 書籍
  • 2016
  • 日本共産党研究 ―絶対に誤りを認めない政党

書籍

日本共産党研究 ―絶対に誤りを認めない政党

日本共産党研究 ―絶対に誤りを認めない政党

著者:産経新聞政治部

定価 本体1300円+税
判型 四六版並製
ページ数 288P
ISBN 978-4-8191-1283-3

以下のオンラインサイトから購入いただけます。

発売日→2016年5月27日


マスコミよ、日本共産党に切り込まずして何が「言論の自由」か!

内容

「ソフト路線」で女性や若者の支持を集め、野党との国民連合政府まで視野に入れる日本共産党。
ただ、彼らの主張にはうのみにしてはならないものが数多く含まれています。
公安調査庁が監視を続ける彼らは決して「普通の野党」ではありません。

「平和憲法を守る」「先の大戦に唯一反対した」「暴力革命を目指したことは一度もない」……。
本書ではこれらのウソをすべて論破します!

《おもな内容》

  • 第一章 SEALDsと共産党
  • 第二章 国民を見下す「ソフト路線」
  • 第三章 党財政を直撃する赤旗部数
  • 第四章 国民連合政府は革命の一里塚
  • 第五章「唯一戦争に反対した党」は本当か
  • 第六章 憲法9条に反対した唯一の政党
  • 第七章 皇室戦略転換の狙い
  • 第八章 なぜ彼らは監視対象なのか

幼稚な発言を持ち上げる大人たち/集会参加者の41%は共産党支持者/
奥田君が立てば当選する/SEALDsと民青/連戦連敗だった志位/
「カクサン部! 」は現代の「うたごえ運動」か/オープンカーに乗った女性候補/
衝撃の赤旗23万部割れ/市役所内で行われる勧誘活動/強まる「赤旗包囲網」/
二段階革命論は生きている/連合政府という名の亡霊/「さしあたって」はいつもの戦術/
シロアリなのに売り手市場/民進党はどうかしている/コミンテルン日本支部として誕生/
間違っていたのは「ソ連の社会主義」/異論を許さぬ民主集中制/党大会の舞台裏/
9条は空文に過ぎない/日本人民共和国憲法草案/自衛隊はダメだが、共産党軍ならよい/
本音は改憲による新国家樹立/マスコミが報じなかった眞子さまとの同席/
皇族の前でも君が代は歌わず/昭和天皇崩御で赤旗は何を書いたか/
敵の出方によっては暴力もあり得る/否定できない過去の暴力