書籍TOP

書籍一覧


  • HOME
  • 書籍
  • 2014
  • 高田純次のチンケな自伝 適当男が真面目に語った“とんでも人生"

書籍

高田純次のチンケな自伝 適当男が真面目に語った“とんでも人生"

高田純次のチンケな自伝 適当男が真面目に語った“とんでも人生"

高田純次 著

定価 本体1,200円+税
判型 四六版
ページ数 222P
ISBN 978-4-8191-1237-6

以下のオンラインサイトから購入いただけます。

発売日→2014年3月4日


失敗、挫折、転機を繰り返し、そこで悟った“オレはチンケ"
団塊世代の普通の男が歩んだ、おかしくも不思議的な生き方の軌跡

内容

可笑しい男の生い立ちは、それなりに複雑で“哀しい"ものだった。
ご存知のように、高田純次は、「適当男」と言われ、66歳を超えてなお、CMやバラエティー、ドラマなどで活躍。芸能界で独自の存在感を示しています。
その高田が、複雑な生い立ち、受験失敗など挫折を繰り返した青春時代、サラリーマン生活を捨てて30歳で演劇の世界に飛び込んだ転機の時代、バイトをしながら芝居に打ち込んだ雌伏の時代、「5時から男」で人気が出た飛躍の時代――など劇的な自らの半生を振り返ります。
平凡で、彼自身に言わせれば「チンケな」男――団塊世代のごく普通の男が、挫折と失敗を繰り返しながら、これまでをいかに生きてきたか、どんな心構えで転機を飛び越えてきたか、それらを真面目に、しかもユーモアあふれる語り口で振り返っています。
本書は、タレント本によくみられる成功譚・自慢本ではありません。彼が歩んだ人生の道筋、その選び方は、現在の若い人たちの指針ともなる“チンケな人生の参考書"です。ぜひ、ご一読ください。

目次

  • まえがき
  • 第1章:〝還暦過ぎてモテモテ“の実態 ◇オレって「CMの帝王」?◇事務所の社長なんだよね◇オレの埋蔵金
  • 第2章:オレの生い立ち ◇ちょっと複雑な家庭◇新しい母親には懐かず◇父親は東京ガスのサラリーマン
  • 第3章:挫折、挫折の青春時代 ◇まず高校受験に失敗◇大学受験にも失敗◇演劇に目覚め、そして冷める
  • 第4章:地道に暮らす ◇妻とのこと◇宝石の卸会社に就職◇会ってはいけない奴らと会った?
  • 第5章:30歳の決断 ◇サラリーマンにお別れ◇刹那的な生き方、選択◇東京乾電池とは◇肉体派フリーター◇充実の日々
  • 第6章:「5時から男」への道 ◇食えるタレントに◇「元気が出るテレビ」で波に乗る◇CMタレント◇面白い?話あれこれ
  • 第7章:「適当男」の虚像と実像 ◇適当とは何か◇適当男は虚像か実像か◇昭和の無責任男と平成の適当男◇高田純次さんに20の質問
  • あとがき
  • 高田純次の主な軌跡と出版物一覧