書籍TOP

書籍一覧


書籍

法服の王国 小説裁判官(上)

法服の王国 小説裁判官(上)

黒木亮 著

定価 本体1,800円+税
判型 四六判上製
ページ数 420P
ISBN 978-4-8191-1215-4

以下のオンラインサイトから購入いただけます。

発売日→2013年7月13日


人権の守護神か、非情の判決マシンか!?
これが裁判官の実態だ!

タカ派長官による粛清人事、「売上げ」という名のノルマ、蠢く政権与党、白熱する原発訴訟―
裁判所のベールを剥ぐ、平成の「白い巨塔」待望の登場!

「裁判官はあくまで政治的に中立でなければならない」
石田和外最高裁長官の言葉で、粛清人事が始まった。
大阪地裁の村木健吾ら「現場組」は、司法反動の激流に抗し、「裁判官の独立」を守ろうとする。
一方、父親が犯罪者という十字架を背負う津崎守は、「司法の巨人」弓削晃太郎に見込まれ、エリート司法官僚の道を歩き始める。
最高裁は、札幌地裁の自衛隊訴訟判決に対する自民党の怒りを恐れ、「長沼シフト」を検討。
松山地裁で白熱する伊方原発訴訟の攻防は、津崎をも巻き込む―。
裁判所の内幕を抉る社会派巨編小説!