書籍TOP

書籍一覧


  • HOME
  • 書籍
  • 2012
  • メディアとジャーナリズム ~これから学ぶ人のために~

書籍

メディアとジャーナリズム~これから学ぶ人のために~

メディアとジャーナリズム ~これから学ぶ人のために~

山本泰夫 著

定価 本体1,700円+税
判型 四六判並製
ページ数 368P
ISBN 978-4-86306-089-0

以下のオンラインサイトから購入いただけます。

発売日→2012年2月9日


メディアは誰のためにあるのか、ジャーナリズムの使命はなにか。
新聞、テレビ、出版、ネット、映画・・・その歴史と課題をわかりやすく記述

錯綜し、混迷するジャーナリズムの世界をわかりやすく解説しながら、将来を見据えた課題についても指摘した、これからマスコミ学を学ぶ人のために書かれた格好の入門書。
第1部で新聞、テレビ、出版をはじめ、インターネット、映画など現在のメディアの歴史、仕組みを紹介するとともに、それぞれのメディアが抱える問題を提起。
第2部では、取材と報道、客観報道、記者クラブ制度、報道被害と倫理などジャーナリズムの手法、倫理・ルールについて解説シながら、ジャーナリズムのあるべき姿を探る。

主な内容

  • 第1部 メディア
    ▽第1章 新聞 ▽第2章 テレビ ▽第3章 出版 ▽第4章 インターネット
    ▽第5章 映画 ▽第6章 広告
  • 第2部 ジャーナリズム
    ▽第1章 取材と報道 ▽第2章 客観報道 ▽第3章 記者クラブ制度 ▽第4章 報道被害と倫理
    ▽第5章 調査報道 ▽第6章 雑誌ジャーナリズムの功罪
    ▽人物編 青木彰という新聞人-ジャーナリズムの条理