書籍TOP

書籍一覧


書籍

「冒険ダン吉」になった男 森小弁

「冒険ダン吉」になった男 森小弁

将口泰浩 編

定価 本体1,800円+税
判型 四六判上製
ページ数 412P
ISBN 9784819111386

以下のオンラインサイトから購入いただけます。

発売日→2011年8月17日


明治人の冒険心と気骨を余すところなく描いた、産経新聞連載小説「ダン吉 南海に駈けた男」の単行本化!

 同じ土佐出身の板垣退助に心酔し、政治家を目指して自由民権運動に身を投じた森小弁は、大阪事件に連座、逮捕されてしまう。出所後は東京で後藤象二郎の書生となって、東京専門学校(現早稲田大学)に通うが、象二郎の息子から南洋の魅力を聞かされ、南洋雄飛の夢を抱くようになる。
 明治二十四(一八九四)年、二十二歳の小弁はわずか九一トンの天佑丸に乗ってトラック島に上陸、南洋に新天地を求める開拓の道を歩み始めるのである。

主な内容

  • プロローグ
  • 第1章=自由民権運動
  • 第2章=夢は南洋雄飛
  • 第3章=出航
  • 第4章=トラック上陸
  • 第5章=左拳
  • 第6章=委任統治領
  • 第7章=覇道の最前線
  • 第8章=トラック大空襲
  • エピローグ