書籍TOP

書籍一覧


  • HOME
  • 書籍
  • 2011
  • 誰も書かなかった「反日」地方紙の正体

書籍

誰も書かなかった「反日」地方紙の正体

誰も書かなかった「反日」地方紙の正体

日下公人 編

定価 本体1,500円+税
判型 四六判並製
ページ数 302P
ISBN 9784819111379

以下のオンラインサイトから購入いただけます。


あなたの読んでいる新聞は大丈夫ですか?

 全国紙のように読み比べられることもなく、批判の俎上に乗せられることもなく、わが「県紙」として、安穏としたまま、地方行政に絶大な影響力を及ぼしてきた地方新聞――。
その驚くべき反日思想に初めてメスを入れ、新聞業界最大のタブーに挑戦する!
《 俎上にのぼる地方紙 》
北海道新聞、中日新聞、静岡新聞、信濃毎日新聞、京都新聞、神戸新聞、愛媛新聞、西日本新聞、沖縄タイムス、琉球新報・・・など全国の地方紙

主な内容

  • 朝日と共同がお手本「思考停止」の反戦紙面 片岡正巳(評論家)
  • 日本を解体する「地方の時代」 八木秀次(高崎経済大学教授)
  • 「8・15」に見る驚くべきパターン化社説 藤岡信勝(拓殖大学教授)
  • 地方紙は“郷土の名誉”を守れ  渡部昇一(上智大学名誉教授) 他

《 編集部からのお知らせ 》