書籍TOP

書籍一覧


書籍

野口健が聞いた 英霊の声なき声

野口健が聞いた 英霊の声なき声

喜多由浩 著

定価 本体1,238円+税
判型 四六判並製
ページ数 185P
ISBN 9784819110631

以下のオンラインサイトから購入いただけます。


アルピニスト野口健はなぜ遺骨収集を始めたのか。
戦没者遺骨収集の問題点を探る。

 世界的なアルピニストの野口健は、ヒマラヤで遭難し、死を覚悟したことがある。荒れ狂う風に吹き飛ばされそうになるテントの中で「何としてでも日本に帰り たい。もし死んだら誰かが見つけて故郷へ連れて帰ってくれるだろうか」と考えていて「しかし、自分は、自分の意思でこの山にきたのだから死んでも仕方がな いが、国の命令で戦地に赴き、不本意ながら戦死した人たちはどのような心境だったのだろう」という思いが頭をよぎった。この体験がきっかけで、野口は戦没者の遺骨収集活動に積極的に参加するようになった。 本書は、この野口らの行動を追い続けた新聞記者の記録である。

主な内容

  • 第1章 信念(洞窟で聞いた「英霊の声」—2008年3月・フィリピン
      遺骨収集の「原点」—2008年5月・日本
      「レイテ島へ行きたい」…—2008年10月・フィリピン
      "3度目の正直"で遺骨と帰国—2009年3月・フィリピン)
  • 第2章 課題(「すべての兵士を故郷へ帰す」アメリカ
      すそ野を広げ「国民運動」に
      高齢化が進む遺族・戦友の慟哭
      転機を迎えた政府の派遣団
      今の平和と繁栄を築いた先輩に対する責任果たす)
  • 第3章 願い(父よ、夫よ、兄よ
      国は何をしていたのか
      「火」がつき始めた—2009年夏・フィリピン