書籍TOP

書籍一覧


書籍

老いの一喝

老いの一喝

上坂冬子 著

定価 本体1,300円+税
判型 四六判並製
ページ数 231P
ISBN 9784819110563

以下のオンラインサイトから購入いただけます。


日本人としての心のたたずまいを、ただす!最期の一喝

病室のベッドの上で書きあげた最後の原稿"郷愁誘う戦時下の童謡"(産経新聞3月21日)、"「百年に一度」がどうした"(正論5月号)も収録した、上坂冬子の辛口エッセイ32本。どれを読んでも心をたださずにはいられない、反骨精神に裏打ちされた直言、箴言ばかりです。物の見方・考え方、時代の生き方・かかわり方、志の育て方・持ち方など、いまを強く生き抜くためのヒントが、文章のひと言ひと言に込められていて、読んだその日から、あなたの生き方・考え方が変わります

主な内容

  • 第1部 自問自答の日々(ガダルカナル慰霊の旅へ
    • 若者の目に映った激戦地
    • "あの時代"を発掘する若い目
    • 資産家の子は悪人なのか
    • 「論より気概」のリーダー
    • 年を取るのも悪くない
    • 「百年に一度」がどうした
    • 顔を見せない卑劣
    • 「北方領土」上陸記
    • プーチン禅譲の機を逃すな
    • 昭和天皇が見た"きざし"
    • "ご親拝"をめぐる不毛の論争
    • 終焉20年目の「昭和」観
    • "聖人"に論じる資格なし
    • 映画『明日への遺言』を見て
    • 映画『靖国』公開を待つ
    • 思い出の「奉安殿」探訪
    • アメリカ横断視察の旅
    • 私の夕張再生計画
    • ガンの虚実見定めん
    • "主婦の味"に生き返る)
  • 第2部 老いの一喝(ゴムひも国家の欠陥
    • 「長寿」?いいかげんにせい
    • 「君が代を歌わぬ少年」
    • 消費税引き上げ、劇的転換を
    • あっぱれ「しつけ塾」
    • 「若者の善行」を番組に
    • 「耐乏」の時代を待望す
    • 何をいまさら川島芳子
    • リハビリパンツに思う
    • 四島不法占拠を追及せよ
    • 郷愁誘う戦時下の童謡)